忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】それはとても眩しくて

江國香織『きらきらひかる』

あらすじを見て、即図書館で借りました。
精神不安定な妻、ゲイの夫という不思議な関係と、その二人の間で起こること。
夫婦と、夫の恋人との不思議な関係と、友達、両親と、その先のこと。

p56
「こういう結婚があってもいいはずだ、と思った。なんにも求めない、なんにも望まない。なんにもなくさない、なんにもこわくない。」







拍手



私は笑子が好きです。睦月も好きです。紺くんも好きです。
“好き”の先に絶対必要なものなんてあるんだろうか。
こんな不思議な関係でも全然いい。お互いが好きなら良い。
それ以上になにを望むのか。
当たり前の常識が、彼ら・彼女らにとっては理不尽すぎる。


p109「紺くんが睦月の赤ちゃんうめるといいのに」
ここ、笑子にとっても睦月にとっても重たい台詞だと思いました。夫なのだから、妻なのだから、夫婦なのだから、という問題が常につきまとって、それが二人を苦しめます。
こういう結婚は許されないと思う人が居て、だからこそたまらなく切なくなる。
私は同性愛者ではないし精神障害者ではないけど、2人の関係が理想的と思ってるセクマイ人間なので、共感とまで軽々しく言えないけどすごく辛かった。 

睦月は優しすぎるから笑子がつらいけど、睦月も笑子を好きだから余計につらいというか、お互いがお互い大事で、それでもできてしまうズレが悲しい。
でも、すごく暖かいなぁと思います。
p210、笑子と紺の言葉で泣き、p215でぼろ泣きしました。
結末はきっともやもやする人もいるかもしれません。でも彼ら・彼女らにとって良かったと言える温かいラストだと思いました。
久々に「好きだー!」と言える小説でした。
読み終わったあとこんなに胸がぎゅーってなるのも久々。
小説としても物語としても登場人物も萌えもひっくるめて大好きだー。


あ、因みに睦月と紺くんの関係の話は詳しくは書かれていません。
あくまで睦月が話す紺くんの話ですのでそういうのを期待してはいけません。
でも私はそれがすごく丁度よくて好きでしたが。笑
コーラの匂いと、紅茶が好きな木。


あ、すいませんすごく台無しなこと疑問に思ったんですが
睦月と紺くん、どっちが右だったんだろう…((((((



読んでる最中、以前お題で書いた3人組みを思い出しました。
あの3人の理想は、この3人みたいな関係だったんだよなぁ

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD