忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

16.よくそんなクサい台詞言えるね(春歌収冬)

補足:幸(ゆき)、咲良(さくら)、美穂(みほ)と読みます。




――【愚かな問い掛け】――




「女と男の間にできる愛情の太さと、男と男の間にできる友情の太さは、おんなじなんだよね。」
両手の人差し指を二人の人間に見立てて彼女は言った。
「…つまり?」
「私は、私と咲良くんどっちが大事なんてこと訊かないから安心してね。」
「はぁ?」
自分にしては珍しく大きな声をだしてしまったと思う。
「だって最近幸くん、咲良くんとばっかり一緒にいるから、私にゲイだと勘違いされてるって思ってたら辛いでしょ?あ、別に同性愛を差別してる訳じゃないよむしろ賛成。」
「ちょ…ちょっとちょっと待って。」
わからない解説とマイペースで淡々とした口調で話されてすっかり彼女のペースだったのをなんとかぶったぎる。
「美穂は俺がゲイだと思ったのか?」
少しの不安と半笑いで冗談まじりに聞返したら、ううん、と否定したものの、すぐに
「バイだと思ってる。」と更に奈落の底へ落とされんばかりのことを言われた。
ピンポーン、と、今の俺の気分に全く合わないリズミカルなベルの音が空しく響く。
「噂をすれば?」
不覚にも彼女のニヤけ顔に少しむかついた。

「おじゃましまー!」

声変わりをしているはずなのに随分高い声をしている友人は一目散に俺たちのいるリビングへやってきた。
「あ、美穂ちゃんもいる!」
「いるよ~、日曜日だしね。」
声のみならば小学生とお姉さんという微笑ましい状況に聞こえるが、実際は俺と同棲中である美穂も、色々と幼い友人の咲良も、この俺と同じ歳だ。
彼が来たことで、部屋の空気がまるで中学校の教室のようになる。俺の隣に並んで座っていた美穂もいつの間にかテーブルに両肘を乗せ、置かれている菓子の包みを開けて、咲良と雑談に花を咲かせていた。
お邪魔します、という言葉がこれ程意味をなさない事には、もう慣れていた。
「…なぁ、何しに来たんだ、お前。」
「ん?あぁ……、そうだ!」
成人をとうに過ぎているのに、食べていたチョコレートを口につけて、まだ幼さの残る顔がこちらを向いた。
それがとても楽しそうで、すごく嫌な予感がした。
(長年の付き合いから、こいつがこの笑みをみせた後にはろくなことがないという事を俺は知っている。)
「また何か、くだらない事を考えてんだろ。」
「いや、今ちょっとした愚問を思い付いたんだよ。」
愚問は問い掛けるものではないだろうと思うが、恐らく彼にはそんな事はどうでもいいのだろう。
「なになに、面白い?」
美穂が食いついた。
この二人にとって重要なのは、如何に自分たちがそれによって楽しめるか、という事だ。
「幸は、もし俺と美穂ちゃんのどっちかしか助けられない状況になったら、どっちを助ける?っていう。」

「え。」
「あ、」
たった数分前に"話題にしない"と言っていた話題が、いとも簡単に話題にされてしまった。
恋人同士が切羽つまった時に大抵女の方から切り出す「仕事と私どっちが大事なの」さながら、これ程男を困らせるくだらない愚問はないだろう。
(俺の場合は何故か比べる対象が仕事ではなく男という異例なのだが。)
「その事は…」
「幸は困ると面白いことを言ってくれるでしょ?」
どうにか話を逸らそうとするが咲良は止まらない。美穂に目で助けを求めた。が、こういう時の彼女の行動は大抵俺の思い通りにならない。
「そう…だね…!」
話題にしないと言ったのは美穂じゃないか!?と顔で訴えたら、小声で彼女は呟いた。
「"私から"は話題に出さない、と言ったんだよ。咲良くんが出したんだったらしょうがないよね!」

美穂と咲良が同じ顔をしている。
"期待しているよ"光線がキラキラと俺に向けられているのが見える。
(この二人がこうなると、俺はもう断ることはできない)
ひとつ、溜め息を足下へ落として、覚悟を決めた。
「どっちかしか助けられないとしたら…」
「したら?」
目を閉じて、二人が居なくなるかもしれないという、究極に最悪の事態になった事を、想像した。
(もし二人のどちらかを選ぶとしたら)








「…なんとしてでも、どっちも、助ける。」

「…て、いうのは?」

「そんなルールなんて関係無しに、二人共、どんなことをしてでも絶対助けるよ。」

俺にとって
美穂は彼女として、
咲良は友達として、
それぞれを、一番大事だと思っている。
俺の中で、2人のどちらか一方が欠けることはどうしても考えられなかった。


目を丸くして、恐らく驚いているのか、ぽかんとしている二人を見て、言葉を待った。





「くさ」
「くせぇ」
「ッな…!?」
自分なりに正解と思われる答えを出したのだが、思わぬ反応に意表をつかれた。
「よくそんなクサい台詞言えるね。」
「即答で"美穂"って答えなきゃ彼女持ち彼氏としてどうよ?」
「彼女してちょっと期待したんだけどね~。」
二人して顔を寄せ、女子高生か、とツッコミをいれたくなった。

女と男の間にできる愛情の太さと、男と男の間にできる友情の太さが同じなら、まさに美穂と俺と咲良が当てはまると思う。
もしかしたら俺の選択は欲張りだと言われる事かもしれない。
だから俺にとって、あの質問はまさに愚問の他ならなかった。
そんなことを聞く為にわざわざ来たのか、咲良に尋ねると、
「ううん、今日はほんとにただ遊びに来ただけ。」
と、さらりと答えた。

それが俺の普通の日常だった。

二人を呆れて眺めていると、美穂が振り返り、言った。
「ねぇ、やっぱ幸って、
 両刀?」
その後、生まれて初めて出した最大の声で、精一杯の否定をした。





拍手



BGM:VAGRANCY『タカラモノ』




幸と咲良と美穂の不思議な関係。

("一番"の宝物がふたつあっても良いじゃないか。)


カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD