忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

読書感想文を書いていて

その中の感じた、書籍の内容とはちょっとちがう自分の感想。
これはたぶん、ブクログにも読書メーターにも書かないだろうから。



私は「性を自由に愛する」ことの自由が欲しいんじゃなくて、
性の概念を取り払った「性」からの自由が欲しい。
もはや「性」は身体的な特徴を表す語となってほしい。
男を愛するも女を愛するも、ペニスを愛するもヴァギナを愛するも、
愛し方も愛撫の仕方も自由になれば、それが一番理想的なんだけどな。
どんな風に誰を愛したっていいはずなのにな。
それが相手を悲しませたり苦痛だったり同意でなかったりしたらもちろんダメだけど。

だから女を「嫁」とよんだり男を「旦那」と呼ぶことだって差別だ!なんて言わないで
そんなの気にされないほど、ただの言葉になるほど、性の概念がない世界になったらいいのにな。

なんて。





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD