忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】一面からほっこりできる朝がいい

『日本一心を揺るがす新聞の社説 それは朝日でも毎日でも読売でもなかった』水谷もりひと



よく「社説さえ読んでおけばその時の自治問題がわかるから読んとけ」とか言われたものです。(実際そうでしたけど)
しかしながら、「みやざき中央新聞」の社説は、最近の自治問題を解くのではなく、全国の講演を聞き感じたさまざまな「いい話」を、伝えている。いい話紹介コーナーみたいだけど、ただの良い話、なだけではなく、為になる話や参考になる話とか、思わずだれかに話したくなる話ばかりで、必ず読後には余韻が残る。
実際に講演を聞きに行ってるから、表面だけではわからない、裏側まで知ることで理解が深まる。当たり前だけど。

なにより1編4pの読みやすさがいい。ふとした時にパラっと読めて気が楽。
紹介されていた、「運がいいとか悪いとかは長い目で見て判断すべし」とか「パクるの三段活用」とかは今日からでも自分でやってみたいと思う。


p6〈情報を得て、何を知ったかではなく、何を感じたかが重要なのだ。〉
p7〈だから情報は、報道の「報」の上に「情け」を乗せている。「情け」とは人間味のある心、思いやり、優しさや。情報は常に「情け」を乗せて発信したい。/ジャーナリズムは「知」
ではなく「情」を愛する媒体でいいと思う〉



ただ、『感動って双方向なんですね』の話はちょっと私の感性とは合わなかったけど、「イイハナシダナー」にはなるよね。
(桜が大好きな彼女に桜の見えるところでプロポーズする、でも満開の時期から過ぎていたからって……そこまで大袈裟にして欲しくないし、私だったらちょっとやめてほしいなと思う)

その話が好きか嫌いかでなくてその話から何を読み取るかだよね。





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD