忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】がんばれつよいおんなのこたち

紅玉いづき『ようこそ、古城ホテルへ〜湖のほとりの少女たち〜』
2013/11/23


角川つばさ文庫です。
書店勤めで児童書担当の時、並べてて表紙が気になり、ずっと読んでみたかったものでした。
中心の軍人かっこいい!と思ってたら女じゃないか。惚れた。←

内容は、それぞれの理由で帰る場所をなくした少女たちが、謎の美少年の導きによって、古城ホテルの女主人(メトリーゼ)になるべく奮闘する話…の序章です。
魔法の使えない魔女のピィ、元軍人のイケメン少女ジゼット、滅んだ国の王女リ・ルゥ、普通の女の子になりたいというフェノン。
果たして彼女たちは、古城ホテルマルグリットの女主人になれるのか…という話。



ていうかそもそもジゼットの追放された理由が理不尽すぎてなんていうか…!美しきは罪也や。
ピィがいつか暴走したら最強になるキャラだということがわかった。
膨らまそうと思えばもっと膨らませられるんだろうなぁと思えるくらい展開が早い一冊でした。1時間で読み終わった。
漫画のように読めますが、内容は薄い…。長い物語の登場人物を揃えるための序章といったところ。でもそれぞれの特徴はわかるし、これだけで読むのはやめないほうがいいかもな、と思いました。
ていうか女の子たちかわいい。そしてジゼットが天然イケメン。









拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD