忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】住人の高校生は方向音痴の女の子ではない。

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常3』
2013/08/20~9/4

日常の中の非日常第三弾。
今回は稲葉夕士が魔導士になって、今まで気づかなかった存在と対峙します。


演劇部の倉庫の違和感。
教師の奇妙な態度。
何かドロドロしたもの。

救いのある王道フィクションとは違う終結の仕方がこの作品ならでは?と思いました。
今のところ、このシリーズでは1番好きな巻でした。

p146「縁(えにし)ある者は、次元も時間も飛び越えて目の前に現れるよ。自分の手の届く所にね。だから手を差し伸べられるのサ。手の届くところにいるから助けられる。その隣にいても、手が届かなきゃ助けようはないよ」

救う事と救わない事のボーダーラインは"見捨てないこと"。

p148「縁あるものならーーーー最善をつくそう。
でも、救えないかもしれないという覚悟も、しておかなければならないんだ」

夕士の学校生活がメインの今回。なにかとぶっ壊してる気がします。
あと仕方ないけど田代を筆頭に3人娘がウザい(笑)

今回、久世番子さんが妖アパの四コマを描かれていて嬉しかった( ´ ` *)
あと香月さん自身が書かれた四コマしおりがついてて、作者さん普通に絵うまっ!!と思いました。




以下ちょっと印象に残った個所。

p66「……ま、ぶっちゃけ、そういうことでございますね」
フールが"ぶっちゃけ"とか使っちゃうとか、ちょっと面白かった。


p98「電話を切る前には、いつも必ず気をつけてねって言うわよ、うちの親も。何をってわけじゃないんだけど、とにかく気をつけてねと言うの。それであたしも、うんわかってるよって返すの。まあ、合い言葉みたいなものね」
この話は良いなぁと思いました。



あと腐った話になるけど、
初っ端から夕士が長谷に「お前のせいで寝不足」て言ってて
狙ってんだろそうだろ!?と言いたくなるレベルの長谷と夕士のらぶらぶっぷりでした。
ちなみに私はノマカプなら田代より秋音ちゃんとくっついて欲しいぞ夕士!





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD