忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】ダ・ヴィンチ・コード 中巻

ダヴィンチ・コード、中巻
2013/07/07読了

ラングドン教授とソフィーの謎解きミステリー・聖杯篇
ティービングが仲間に加わったの巻。

聖杯についての謎、ソフィーが見た地下室の謎がわかります。そしてついにシラスと接触し、物語の全てがまとまり始める佳境にはいります。

p125「ロバート、処女を連れて来たという訳か」ラングドンはたじろぎ、ソフィーに目をやった。「聖杯の真実の物語を聞いたことがない人を、マニアは"処女"と呼ぶんだよ」

中巻では「最後の晩餐」がでて来て、本当にまるっとダヴィンチの残したものはミステリーなんだなぁと思いました。
ティービングの謎かけや例えの言い方は嫌いじゃないです。

しかし男尊女卑家庭で育った私の超個人的に偏った感想を言うと、女性崇拝をこと細かく解説してる今回はなかなか読むのが苦痛でした。







拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD