忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

待つ者と追う者





「久シブリー。待っテタヨ」
「お久しぶりです。あれ?彼の方はどちらにいらっしゃるんですか?」
「ああ、館長ね、アイツなら今頃、どこかの世界の組織で偉そうに踏ん反り返ってるよ」
「そうですか、お元気そうでなにより……って、居ないんですか?!楽奈様は?!」
「クァッ!そ、そーだよ。だから、ワタシの代わりにエンを呼んだんじゃないの」
「うあーまじかー結構楽しみにしてたのにーうあー」
「(聞いちゃいナイネ…)ワタシ、この後オ友達と遊びに行くから、その間ココの管理、オ任せスルヨ?」
「あーもうマジやる気なくしたわ…ていうかなんで私なんです?ここで雇ってる他の店番にやらせたらいいじゃないんです?むしろ閉館中なら余計に私が呼ばれる事はなかったんじゃないですかあー?」
「(アイツがいないって分かった途端不機嫌になッタネ…)一応、誰も居なくなったら、ココに住んでるコ達が不安でしょ?澄や三士朗たちに頼むにも、彼らには地下書庫までの見回りは頼めめないカラサ。それを承知で来てくれたのかと思ったんダケド」
「私は楽奈様から手紙が来たから此処に立ち寄っただけですぅー」
「もー…エンは相変わらずストーカーダネェ」
「楽奈様が追いかけて来いと言ったから追いかけているまでです。ストーカー規制法には違反してませんし何よりそれが私の存在義務と理由です。…そういえば、楽奈様が手紙で妙な事を書かれていたのですが」
「妙なナコト?」
「あなたが最近、自身の存在義務を怠ってるような気がする、と」
「クァー?何それ、怠けてなんかナイヨ。楽しいことがたくさんになってきたから、受け入れて楽しく存在してるまデダヨ」
「それが怠慢だと言ってるんです!…彼の方に名を頂いておきながら、今の貴方の態度言動を知ったら、きっと楽奈様は許しませんよ」
「エンが心配してるのはあの事デショ?生憎ワタシにその感情は残されてないから大丈夫ダヨ。悲しいことにね」
「……悲しいことに、ですか?」
「クァ……そんな怖い顔しなイデヨ。同じラクナに囚われたモノ同士、仲良くしようじゃナイノ~」
「……。」
「第一、そんなロミジュリシチュエーションなんて、未だコウノトリを信じてユニコーンとオ散歩してるような少女が好きそうなオ話ダヨネ。エンはそんな少女ちゃんだったか知ラン?」
「っ…!!馬鹿なこと言わないで下さい!」
「所詮はフィクション、抗う所で勝ち目は、ナイ。初めから負ける戦なんてしないのが正解ダネ」
「……(小声で)その言葉、名を失くす以前の貴女に聴かせてあげたいですね」
「クァ?」
「いいえ、なんでもありません」

「あ、因みにあそこの廊下の奥七つ目の扉が館長室だから、留守番中は自由に使うとイイヨ」
「なっ!!そんな!私が楽奈様のプライベートルームに侵入して彼の方の香りを纏いながら好き放題やるなんて恐れ多いいいいやっほおおおい!!(彼方へ走り出す)」
「(言ってるコトとやってるコトが違ウヨ)そんじゃ、あとヨロシクネー」




待つ者と追う者
(或いは 囚われた者と走らされる者)








拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD