忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

FS7*賑わいの町・エト

森で一晩明かした二人は、そのまま子兎を飼主の下へと返す為に町へもどってきた。
野生獣の多い森が近くにある為、町を覆うように石の塀が建たされていた。
外からみれば冷たい石塀も、中に入ると、途端に色を変える。
町は常に賑わいを見せているからだ。



「ありがとうございますー!!」
目の前に居る婦人は大きな身体を揺らして、先ほどから礼の言葉を口にし続けている。
手には小さな子兎がきゅうくつそうに丸くなっていた。
「でも、本当によく見つけれられましたわねぇ。こんな可愛いオトコノコたちに
 見つけてもらちゃって、ちゃむちゃまも大喜びのことですわぁ」
ごてごての宝石で飾られた婦人の、丸くて短い指はふかふかと子兎をなでた。
もしその子兎が火だったら、きっとその指から良い匂いがしてくるだろうな、
とコルトはぼんやり考えていた。
横でシィナはにこにこと笑っている。彼の手には中身のつまった小袋。
2人はたった今、お尋ね者の子兎「ちゃむ」を主人の元へと帰した。
紙に描かれていた以上に、丸く太っていた婦人は、満足そうに子兎を籠の中にいれて帰っていった。
姿が見えなくなった頃になって、シィナがふと小声で言った。
「写真でみた以上に、ドギツかったな…」
口の端が少し上につりあがっていた。
「とりあえずなんか食べようぜ。
 やっと充分にご飯が食べられそうなお金ももらったことだし、な」
コルトも腹が空いたと自覚し始めた時だったので丁度良かった。
「そうだね。さっきの女の人見てたら、肉が食べたくなってきちゃったよ」
「あはは!そうだなー」
シィナは振り返り、広い大通りを見渡した。
賑わう町・エトは、様々な人種や職人が集まる場所だ。
特に大通りは出店が多く、珍しい異国の物が売られている。
いつ来ても目新しい物が並んでおり、つい目を取られてしまう。
ふと、コルトは小さな出店に目がいった。
出店といってもシートの上に本を数冊並べて、ひとり男性が座っているだけのもので
しかも店を出している場所が細い裏路地に面している日陰。
陽から避けた暗がりの中なのだが――
どうしても、気になる。
吸い寄せられるようにコルトはその店の前へ歩いていた。
「あ、コルト」シィナが気づいた時にはすでに店の前に立って、商品らしき本を眺めていた。






拍手

<hr>
久しぶり―!
異国のひととの出会い。



どうでもいいだろうけど、婦人の名前は
ポクー・ミットといいます。良いトコのお嬢様だったけど
旦那さんとはお見合い結婚。旦那さんはトツコトス・ミット。
尻にひかれてます。笑
子供は息子が2人。2人とも家庭をもって
既に家を建てて他で暮らしています。
だから今は、白い子兎ちゃむが子供代わり。
ちゃむはメス。箱入り娘。
こんな設定考えても次に使う気全く無いな!!!(ホント無駄だ

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD