忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】空と砂漠と友情の記録。

2012/11/22
サン=テグジュペリ『人間の土地』

p42“心の贅沢というものは、ただ一つしかない。それは人間関係の贅沢だ”

伊坂幸太郎『砂漠』の影響で読みたかった本。『星の王子様』で有名なサン=テグジュペリの航空記。

表紙が宮崎駿なこともあり、気がつけば脳内ではジブリのような映像が再生されてました。
この小説は、サン=テグジュペリが出会った僚友達との友情の話、そして砂漠と人間の話でした。
僚友について語る章、極めてギヨメの話は秀逸。
自身が遭難した時の切迫したp170~の文章もとても印象に残りました。
文体は個人的に、詩的に描かれている印象をもちました。
「大切なものは目に見えない」という言葉で知られる『星の王子様』は、こんな経験をした彼だからこそ書けた物語だったのかも。

以下、印象に残った言葉。
p216“愛するということは、おたがいに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ることだ。”

p220“本然というものは、決して自己を証拠立てるものではなくて、物事を単純化するためのものなのだ。”



しかし…読みなれないジャンルだからほんと時間かかった…。
最後の駿さんの解説は読み飛ばしたので今度読む…ごめんなさい。






拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD