忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】マンマミーアとみせかけて。

2012/07/18
伊坂幸太郎『オー!ファーザー』

「お前、親父が何人居るんだよ」


母親が複数の男と浮気をしていて、父親は不明。そんな親たちに振り回される子供、というのはよく見たことがあります。
が、このお話は、その浮気されてた男たち4人が、一人の息子と仲良く暮らしちゃってるんだから奇妙なことこの上ない。
これはその息子・由紀夫と4人の父親たちのちょっと物騒な家族愛の話。


ギャンブル好きの鷹。女好きの葵。中学教師の勲。大学教授の悟。そして息子の由紀夫。
多夫一妻の家庭はなにかと問題ありそうだけど親父たちも仲良しなんだからまぁ問題ない。

物騒な事の始まりは、由紀夫が鞄のすり替えを目撃すること。でも、1番の物騒の原因は多恵子ではないかと思います。
物語自体も、伊坂さんらしいストーリーでした。さりげない日常生活も全て結末へ導く伏線で、まるでRPGのように由紀夫は父親たちから助言をもらい、使い、物語を進めて行きます。



よくこうも個性的な4人の父親が描けるなぁ…そして憎めない。個性的な父親に恵まれて由紀夫はなんて幸せ?なんだろうなぁ。少し謎の部分が残るところもなくはない。スローテンポながら、後半は一気に読めました。
家族愛の再確認。

p23「人生で有意義なことの大半は、無駄に見えるんだって、しらないの?」
どこか(他の伊坂作品)で聞いたような。

個人的に、私は悟さんが好きです。
葵さんは藤木直人で妄想しました。


でも多恵子だけはどうも好きになれなかったです。読み終われば少しは好きになるかと思ったけどそんなことはなかったよ!
あと鱒二の親父さんは絶対どんでん返しに何かあると思ったよ!正体があんな出方なんて最高だったよ!



※いか、腐向けな話をちょこっと。












拍手


ドッグレースで家族シートチケットを買う時、あの四人で買うとか受付のおねーさんが腐女子だったら確実に勘違いされるレベル。葵は総攻め。
あとお父親しか居ないって、しかも2で割れる数って、もうね、カップリングし放題じゃんと、ね。

とはいいつつ、特に腐妄想することもなく普通に読んじゃいました。昔ほど腐じゃなくなったからかなぁ…。
でも由紀夫より背が小さい悟さんもえ。みんなにさん付けで呼ばれる悟さんには滾る。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD