忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

[【感想文】3つの話の意味、そして4つめの話

2012/07/25
2012年読書感想文課題図書。


p144「物語は凶暴だ。野生の獣みたいなものだ。ときとして、だれも予想していなかった方角へ、とんでもない勢いで走り出す」

p151「“物語は大事な意味を持っている。” 怪物が言う。“ときには、この世の何より力を持つこともある。そこに真実が含まれているならば。”」


主人公のコリーは、毎晩、崖から暗い穴に落ちる悪夢を見ていた。
彼は重い病気を患う母親と、二人暮らしをしている。
ある日の12時7分、コリーの目の前に大きな怪物が現れる。その怪物は家の前にある巨大なイチイの木であり、コリーに3つの物語を聞かせたのち4つめの物語をコリーに話させようとする。


3つの物語は何を意味するのか、そしてコリーの悪夢は、怪物が現れた理由とは。

ダークホラーな表紙と冒頭。中表紙のダークブルー以外全く色を持たない装丁と挿絵。
暗くて恐ろしくて、切なくて優しい小説でした。
人間の内面と少年の葛藤と、恐ろしい怪物の姿をした真実と優しい母への残酷な現実。
いじめっ子のハリーが途中でお前が望んでいることはなんだと呟いたこと、コリーが罰を望んだこと、母があなたはもっと怒っていいと言ったことが、この話を深く考える上で重要な所かと思いました。

コリーが怪物を怖がらないとわかると、怪物のことが少し可愛く感じるかも。






拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD