忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】純粋な怒り

2012/04/14
『子供たち怒る怒る怒る』佐藤友哉

p165『君の努力が報われますように』



精神的に何処か『空洞』があるような子供たちが関係している短編集。全体的にグロテスク。
胸くそ悪くなるくらい清々しい残酷さがあります。
この本に幸せな結末を望んではいけません。この本に完結を望んではいけません。
ハートフルボッコ注意。

久々に時間を忘れて読んだ程、引き込まれた本でした。しかしどうしてこんなに残酷に描けるんだ…という印象。けど、残酷とは違った悲しい話だとも思いました。残酷さの中に何かが隠れている。

子供たちがこんなことになったのはどうしてだと思いますか?

『子供たち怒る怒る怒る』の町井さんの「みんなを助けたかったの」という言葉は、なんだか心が痛かった。
かろうじて『リカちゃん人間』には救いがあったかなぁ…先生とリカちゃんが会話してるシーンが唯一の良心。
『慾望』はわかりやすかった。
『生まれてきてくれてありがとう!』がよくわからなかった。とりあえずこんなに虚無感のある『!』マーク初めて見たわ。



この著者の書くのが好きな性格(キャラクター)が何となくわかったかもw
ちなみに私は『慾望』の酒木が、『子供たち怒る怒る怒る』の柴田がすきでした。

何となく、オリラジ中田さんの文と雰囲気が似てる気がする…?






拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD