忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】話せばわかる、なんて嘘?

20110920~20111217
養老孟司『バカの壁』


途中、別の本を読んだりして読まない日があったので、間が開きましたがなんとか読了。





わからないことを知ろうとしない=知りたくないことに耳をかさない人間(話が通じない)=「バカの壁」が生じる?

y(外への行動「反応」)←=a(自分の中の考え/「現実の重み」)x(外からの「入力情報」)
このaが0であるとxはyという現実ならない。しかしaが0でない限り、それはマイナスだったとしても現実になりうる。
「万物は流転する」が情報は変わらない=絶対的なもの。
p60「知るということは自分がガラッと変わることです。見え方が変わってしまう。それが昨日までと殆ど同じ世界でも」
p128「社会的に頭がいいというのは、多くの場合、結局、バランスが取れていて、社会的適応が色々な局面で出来る、ということ。逆に、何か一つのことに秀でている天才が社会的には迷惑な人であれ、というのは珍しい話ではありません。」

個性といわれるものと脳との関係、脳への伝達、近年の「キレる」人間の脳についての分析。
「眠る」という「無意識」も生きるには必要。
恐らく私の高校3年間の担任は『俺を見習え』教師だったと思う。

p182『しかし、大体、相手を利口だと思って説教しても駄目なのです。どのぐらいバカかということが、はっきり見えていないと説教、説得はできない。』





**







拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD