忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

FANTASY STORY ***

2人は近くの木の側で休息を取っていた。
シィナは根元に腰を下ろし後ろに手をついてコルトは木に寄りかかり立ったまま休んでいた。
「なかなかみつからないね」
コルトは体こそ休めているが、目はまだあたりを見回して探していた。
「そーだな。てか、そもそも依頼を出してる時点でなかなか見つからないんだろうけど」
「え、そうなの?」
コルトはきょとん、とした顔で横に腰を下ろしたシィナを見つめる。
その表情に、シィナは嫌な予感がした。
「そうなの、っておまえ…まさかすぐに見つかるさハッハーとか思ってたわけか…?」
シィナが言うと、コルトの尻尾が大きく、びくりと反応した。
とたんに表情は硬くなり、冷や汗も見えそうな苦笑の笑顔。
普段やわらかい尻尾までが真っ直ぐに伸びていた。
「だ、だって、依頼人あきらかに一般人だしそんなに難しそうじゃなかったし
 探し物なんて一日二日で見つけられるだろ!」
「なッ…!!」
まさかとは思ったが、本当にそんなことで依頼を受けたのか。
予感が的中したシィナは、年配者のようにため息と肩を落とした。

「シィナって物知りだね」
「コルトが世間知らずなだけだっての」





拍手



続き続きー。
ちまちまと続けます。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD