忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

MOTHER3 かの有名セリフ「ぽえーん」

MOTHER3、 ク リ ア !!!
真夜中の3時にクリアしたので涙腺ゆるゆるでぼろ泣きしました。
感動物は家族が寝静まった真夜中にクリアするのが良いよね。

以下ネタバレです。




奇妙で、おもしろい。
 そして、せつない。


せ つ な す ぎ る よ 
      い と い さ ん ・ ・ ・ !!!





拍手

あのラストはやばい。私の涙腺とか感動ツボとか直撃だった。
ぼろっぼろ泣きましたから!久々だよこんな泣いたゲームわ!!

まずポーキーメカ?をばしばしやっつけてる時にDCMDのメンバーが
かけつけてくれたときにはキュン死にでした。
IEMはダスター大好きなのでダスター関係のイベントが怒るたびにきゅんきゅんしてる始末です。
ここでまずうるっとくる。
そしてここの後から衝撃展開がおおすぎで、
まるでヨルダを引き離されたときのイコの如く(ぇ)バリバリ進みました。

もう、あのラストバトルはやばいって…!!!
最初、声の主は『内なるクラウス』だと勝手に妄想しました。(ぇ
お母さんの声に反応して、どんどんBGMや背景がゆがむんですよね…!
もうここから涙腺が危険信号でした。でさ、誤って攻撃するとお母さんの声が悲しく響くんだ…!
もう、あの、双子の生まれた思い出回想からぼろなきでした。
「おまえみたいな、おもいやりのあるこに」
「あなたみたいな、おもいやりのあるこに」
それで後に続くお母さんの最後の台詞がまた…!
「クラウス…もう、おかあさんのところにおいで」
これを読んだ瞬間の私の脳内は『つれてかないでーーー!!』と必死に叫んでしました。
クラウスが仮面外して『もとにもどった…!』と思ったのも束の間、
なんでクラウスー!!!!!うあああああん!!!!
この後の文章一文一文、すべてに泣けました。
そんなに謝らなくてもいいよ…!!またきっと会えるよ…!!
謝るくらいだったら死ぬなよッ…!!!!!!!
そんな感じでもう泣き泣き、最後の剣を抜く。
この後はもうなきっぱなしで、あんまり覚えてないんですよね…。
でも、『え、これでおわり?』感がありました。
え、あ、おわり、なんだ?みたいな。

みんなの会話だけ聞いてると、ハッピーエンド、なのかなぁ。
公式サイトで糸井さんは「あなたがおもうほど~」と書かれていますから
ここばっかりは想像、なのかな。

私的の想像は、リダさんが言ってた、物語発言に寄ります。
この舞台は、物語。だからこの物語が終ったら、
プレイヤーの私はそこにいたらいけないんじゃないかな、と思いました。
町がこれからどうなっていくのかは、私達プレイヤーは必要ない。
だからプレイヤーに伝える必要もない。だから画面はまっくらだった。と。
こう解釈してます。
あるいみ、プレイヤーもマジプシー。
やくめがおわれば、きえてゆくの。
リダさんもマジプシーのみんなも、ぶっちゃけ超すきだよ!

いろんなMOTHER3サイト回ってると、
ホント、人それぞれで変わっていくんだなぁ、と感じました。賛否両論。
なんだか『ICO』や『ワンダと巨象』に似てる。
切ない物語では『ワンダ』も負けてないけど…こっちの方が泣けたな…!!!

記憶の無い状態の村で生まれて育ったリュカとクラウスだからこそ、
この島の針は抜けたんじゃないかな。

そして、この世界も、ちゃんと動いているということ。
進めば、戻ることはできない。
死んだ人は帰らない。

そしてラストで明かされるタイトルは
すべては自然、還る事はできる。
そう思わされました。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

MOTHER3クリア感想記事紹介

MOTHER3クリア感想記事の紹介です。 MOTHER3のネタバレを含むサイトの紹介もありますので、それでも構わないという方は、下の「MORE」をクリックしてください。
  • URL
  • 2006/08/03(Thu)16:41:09

カレンダー

08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD