忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】藍色夜

加藤実秋「インディゴの夜」を読みました。

詳細はブッグブログ。


さてさて。今回も脳内配役していました勝手にw
特に「インディゴの夜」はぽこぽこすぐに決まって、すごく読みやすかったです。
というか、作者さん、実在の人物をイメージして描いてる?みたいな。(笑)

だけど、この本は映像化するとなると、映画というよりテレビドラマになりそうな気がします。
脚本家は岡田恵和さんにおねがいしたい!www


以下、勝手な脳内配役↓
ジョン太=佐藤隆太(ガチ)
犬マン=小池哲平(美化しすぎだと自分でも思う)
塩谷馨=椎名桔平(ちょい悪というか、なんというか)
空也=城咲仁(なんとなく…ホンモノだしw)

晶のイメージがどうも固まらなくて…;
某漫画の某キャラクターイメージしてしまうのです…(何)
ていうか私椎名さん配役しすぎww
どうしてもアンティークのイメージがあるのです。
あと、ブックブログで読んだんですが、
“なぎさママがつれてきたイケメン青年2人”は
私もオリエンタルラジオだと思いました!!笑


この本は映像化されてもいいかなぁ、と思います。
ノリがIWGPといわれてますが、IWGPよりも読みやすい。
IWGP=男性が好きそう。昼の世界。苦い煙草の匂い。
インディゴ=女性が好きそう。夜の世界。甘いお酒の匂い。
そんなイメージがあります。





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD