忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】鴻上尚史『モダン・ホラー』

鴻上尚史『モダン・ホラー』
2017/11/20に読了済み。

p.42
「演劇はゴラクじゃないんだよ。世界を撃つための武器なんだよ。機動隊の奴らを倒す、銃なんだよ」

図書館で見つけて即借りてきてしまった。
背表紙に金額がでかでかと印字されているしバーコードもない。時代を感じる。

読んでると話が突然変わって置いてけぼりになるけど、三幕から徐々に気付かされていく感じ。
この特有のノリの中にハッとさせられる言葉が突然出てくる。

内容は、宇宙船の中に侵入者が現れてどんどん混乱していく感じ。
(読んだの昨年だからうろ覚えです。)

当時の年代的についていくための予備知識が必要…
ジェネレーションギャップめっっちゃ感じる…
むしろこの演劇は感じられなきゃいけない気がする…さすがだ…(?)
ブレードランナーが2年前の映画って書かれてるくらいには時代を感じた。


個人的な妄想として、
侵入者は女の子なんですけど、
今舞台でやるなら男の娘がいいなぁと思いました。
ほうにょうしーんあるし。(誤解を招く描き方)





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD