忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】Re:Re:Re:Re:Re:

【感想文】『Re:』野島 伸司

p39.<私達五人は、今日、集まって一緒に死ぬ事になりました。>





担任の教師へ、女子生徒5人から遺書のようなメールが届く。
5人で自殺をするという内容に加え、その中の1人だけ返信をした生徒のみ自殺を思い留まらせることができる、と。
そして彼女たちが教師を選んだのは、ある理由があり……。



<先生、私に返信して下さい>
<先生、お願い、私に返信して下さい>
<先生、私に返信してみます?>
<お願い、私に返信して下さい>
<先生、私に返信してくれますか>

ここだけ集めるとヤンデレハーレム的なアレ。



それぞれの人生観と自殺理由の告白。
17歳という多感な、自分の中と外の世界に揺れる時期。
彼女たちのメールから繋がってゆく教師との共通点。
これは悪戯か、真実か、悪夢か、現実か。



なぜか「読みたい本リスト」の中に入っていた小説。なんで入っていたのか。
多分自殺をほのめかす小説が読みたかったんじゃないかな。

読了後はまず終わり方に大混乱。
結局どれが現実なのか、何が真実なのか。
良いこと言ってたのに最後のあれで全部無くなった…あれがなければ普通のイイハナシダッタノニナー。(でもそれはそれで面白くないかもしれない)

他のレビューでも見たけど「世にも奇妙な〜〜」でドラマ化すればこの終わり方でも悪くないかも…?賛否両論はありそうだけど。
まあ最後がなければなんて言ってしまうと著者や小説に対して敬意がないと思うのだけど、最後に読者を混乱させるのは意図的なんだろうけど、ちょっと私はついていけなかったかなぁ…。
もしかして「俗に言う青春小説なんてあまづっぱいもんにはさせねえ」っていう心意気な気もしてきた。


一瞬、ケータイ小説への揶揄かな?って思ったけど、女子高生が主役のケータイ小説が流行っていた頃は2007年くらい、この本が出版されたのは2012年くらい。もうケータイ小説が下火の頃ですね…。



17歳の頃は、やはりこじらせてしまう何かがあるのかもしれない。
「17歳」が「いちばん綺麗な瞬間」と思えるのは女だけだと思っているよ。
ああでも、p163<晩年、全ての男性に、生涯で心に残る女性はいるかという質問をしたら、必ず一人の顔を思い浮かべるといいます。それはたいてい今の彼女ではなく、奥さんでもなく、思春期に出会った誰かなのだそうです。>
からの流れは、綺麗だなと思いました。
p164<エロスを遮断した代わりに、タナトスに向いていったのだと思います。>
肉体的な関係を持ってしまえばそこに満足してしまう。
肉体関係を持っていなかったからこそ、永遠の想い出に残る。
そこはとても好きでした。
散々ラストふが云々言ってるんだけど、
それがあったから、不思議と嫌いじゃないのかもしれない。

センチメンタルな檻で、17歳の君を氷漬けにする。








拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD