忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】伊坂幸太郎『残り全部バケーション』

【感想文】伊坂幸太郎『残り全部バケーション』


2014/5/1

p85〈「人を騙すには、真実とか事実じゃなくて、真実っぽさなんですよ」〉

伊坂幸太郎マジック、もとい、「短編なのに長編」シリーズ。
ようは溝口というちょっと危ない系絡みの仕事の下請けする男と、その部下であり独特の観念を持つ岡田の話です。

「検問」がすごくミステリーらしい話で、好きでした。

物語は常に第三者視点で進むものの、溝口と岡田の2人の周辺をなぞっていきます。
「チルドレン」に近い。
ちょっとアンダーグラウンドでコミカルな物語でした。


p225〈「サッカー選手はヒーローじゃねえか。看護師は無名だぞ。無名の、大して高給でもない、見るからに大変そうな仕事を、どうしてやろうと思ったか。『自分が助けてもらったから、自分もそうなろうと思いました』なんてな、感動的じゃねえか」〉

p235〈「相手の弱みを突いたり、ミスにつけ込んだりするんじゃなくてな、相手を喜ばせて、貸しを作ろうってことだよ」俺は笑い飛ばしそうになるのを堪えた。「そんなにうまく行きますかねえ。人ってのは、恐怖や不安で行動しても、感謝の気持ちではそんなに動かないですよ」「まあな」溝口さんは裏口の小さな階段を上る。「でも、試してみる分には構わねえだろ」〉

p258〈「意味とか関係ねえんだよ。八分でも十分でも、飛べるなら飛ぶんだよ。損得じゃなくて」〉



そして相変わらず伊坂ワールドのホモソーシャルが熱い。
高田→毒島→溝口→岡田の一方通行。
あと教授と学生の会話とそれを見る男の表現にホモォを感じました。





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD