忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】次は「悪夢」に止まります

木下半太『悪夢のエレベーター』
2014/2/27~3/2

“エレベーターに閉じ込められた。それが全ての悪夢の始まりだった。

一章読むごとに驚愕するストーリー。
4人に隠された秘密が徐々に解き明かされる展開にページをめくる手が止まらない!
p329『ああ、神様、このエレベーターを壊してくれ』”



今回はめちゃくちゃネタバレありの感想ですよ。









拍手





会社の上司からお勧めされた本。やっと読めたー!
実にさっくり読めるサスペンスでした。

「小川の場合」ではラストまで疑いもなく普通に読みました。
章終盤のあの発言は、気付く人なら気づきそうだけど、私は全く気にしなかった。
(みんな上がろうとしてるのに、なぜ下りのエレベーターに乗っていたのか)

読み進めていくうちに、更に悪夢は続き、まさかの展開に驚き。
小川死んだの?!とか、管理人殺しちゃったよ!?とか。
カオルに何かあるだろうとは考えてたけど、
まさか真奈美の妹だったとは。そう引っ掛けてきたとは。
ラストで全てがカオルの手のうちだったとは。

そして「続きはWEBで!!」な小説は初めて読みました。
「ここで終わるのかよ!!」な気分がなきにしもあらず。
幻の4章を探したけれど、検索しても見れなかったです。
どうやらサーバーがサービス提供終了してるみたいですね。
もやもやさせたままで、結局はこの小説の完成形は読めないのかとがっかり。
続きはWEBで!な小説の危険な所は、将来見れなくなる可能性があること。
そこでちょっと点数下がった。

どことなく舞台台本のように読めたのは、
元々この著者が劇団をやっている、という先入観があったから?
そして場面も舞台だとこんな風に動くのかなーと想像しながら読めました。
前回読んだ「女王ゲーム」とは全然違う雰囲気だったのも楽しかったです。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD