忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】なんてチャンプルー。なんてジューシー。

坂木司『ホテルジューシー』

p96「ねえ。私の「正しさ」は、間違ってるのかな?」

さわやかな少女漫画って感じ。
恋愛要素ほとんどなし。けれどそこはかとなく甘い。
だがそこがいい。


大学2年の夏休み、沖縄のホテルで泊まり込みアルバイトをすることになった柿生浩美。
みんないい加減で、みんな最低。そんな第一印象のホテルでおこるお客さんとのドラマです。プチミステリー?

常に柿生は一生懸命。しっかり者だし要領もいい。しかしいうなればお節介やき世話やき。他人をほっておけない、イマドキにいない性格の大学生です。
彼女が「ホテルジューシー」で働くことで沢山のひとと関わり、自分の弱さを知り、確実に成長していく。








拍手

女性目線で書かれる話ってあんまり好きじゃないんですが、これはかなり好きです。柿生が男前だからだろうか。

柿生の性格が、坂木さんの文体にすごくしっくりきてて、今の所この著者の作品中出てきた女の子の中で一番好きです。もしかしたら主人公の中でも好きなキャラかも。

オーナー代理もかっこいいけどなんであんなすぐ謎がわかっちゃう訳かね。
ほのぼのした温かいお話なんてすが、「嵐の中の旅人たち」の後味の悪さ。「トモダチ・プライス」の残酷さ。旅行って楽しむばかりじゃないんです。辛いこと嫌なことだってあります。これはそんな「リゾート地で出会う人々の話」なのです。





p280「「オーナー代理」「何?」「待ってて下さいね」いつか、私が言いにきますから。そんな台詞を隠したまま、一気にカフェオレを飲み干す」
柿生ちょうおとこまえ…!!

個人的にこの二人の関係すごく萌えました。
柿生もっとどきどきすればいいよ!オーナー代理は無意識を装ってやってるといいよ!
可愛いよ2人可愛い。



出版社が違うのに「シンデレラティース」と連作チックで、表紙も統一されてる。すごい。
坂木さんのお話は、他の方も書いてるように、働く人とお客さんの様子が描かれています。人の関わりが好きなのかなぁ。



p262「『現実を見てないくせに、プライドだけは一人前なんだ。納得できない仕事は嫌。好きなことだけしたいってね』」

これをいった屋台の彼は、きっと夢なんてただのお荷物になった人なんてしょうね…。悲しいような、けれどそれが現実のような。


p264「俺も最初の頃はそう思ってたよ。でも本当は、夢なんてやっかいなだけのお荷物だ。軽くうつむいてヒデさんはつぶやく。その顔に落ちた影は思いのほか濃くて、彼の表情を見ることはできない。」

自己表現…デザイン。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD