忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】伴ってすら…


小池真理子『無伴奏』

今回、図書館で文庫を予約して借りたのですが、
Amazonのものと違う、とても借りにくい表紙でかなり焦った。
あと最近、私の読む物語の舞台の年代がどんどん遡っていってる気がするんだ…
今回は1960年代が主軸。最早テレビや教科書から見た、想像でしか知らない時代。
デモとか反戦とか学生運動とか……
当時は不良も何かを変える為に行動する熱さがあったのかなぁと思いつつ。読みました。

響子の現在から始まり、過去の高校時代に遡る。あとがきでもいわれていますが、これは「仙台の話」です。そこに居た「響子」という18歳の女の子の話なんだという印象でした。
但しちょっとしたミステリーなので、感想を見られる際にはご注意を。
悲しい話でした。
私はレイコが好きでした。




以下、超ネタバレ!!!!!!






拍手




しかし『儀式』のシーンに気持ち悪さを感じたのはやっぱり
私は男と女が行為をするのに嫌悪感を持ってるからなのか。

「精神のセックス」という言葉は面白いと思った。

今なら、渉と祐之介を同性愛者という一括りにしないんじゃないだろうか…。
というか、私はしたくないなぁと思いました。
あの2人は元々男が好きだった訳じゃないなら、
互いが特別な関係であったからそうなった訳であって。

しかも主人公側が被害者っぽくなってることに苛立った。
実際、エマ含め被害者だったかもしれないけど、
まるで渉と祐之介の存在やらを悪いものにしたいみたいな書かれ方で、
余程同性愛に慣れていない人間が見たら「ホモは身勝手だ」と
誤解されるんじゃないかと思った。
それが意図的だったとしても、
この書かれ方とラストの主人公周辺は、好きじゃなかったな…。

ただ、隠れてでしかお互いを愛せなくて、
そうしないと生きられなかった2人は悲しいけど、好きでした。



あと、背表紙にあった「20年後の愛も引き裂いていく」って……どのへんが?←

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD