忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】ミステリーの先生と、ビビりの僕

坂木司『先生と僕』
久々の坂木司さんの本! ちょっと長くなったのでたたみます。



pp31-32
「けちくさくて、下らない。だから現実の犯罪って嫌なんだ」

「ミステリーを読むのは、そのせい?」

「まぁね。少なくとも小説の中の犯人は、自分の犯罪に自覚的だし」








拍手





p35「裏道まで知り尽くした都会の猫。隼人くんを見ているとそんなイメージが浮かんでくる。」
怖がり大学生・二葉と、頭の切れる中学生・隼人2人の話。
物語は二葉の一人称で進みます。 彼のキャラクターは引きこもり探偵の坂木司と似ていて優しい感じ。
瞬間記憶ができる実は凄い男。
中学生・隼人も冷静な中に少しの可愛らしさが見えるような感じです。

家庭教師は二葉、その生徒は隼人。
ミステリーの先生は隼人、教わるのは二葉。
この2人が日常のミステリーを解いていきます。

*


坂木さんの話久々に読んだけど、すみません正直なんだかライトノベルかWEB小説を読んでる気分でした…(
大型犬と黒猫みたいな主人公達。
坂木さんってこういう組み合わせが好きなんだろうな…。(私は山田絡みのが好き←)
青年と少年、人が死なないミステリー、優しい空気が好きな方にお勧め。
(大学生、度胸がない、友人に振り回される。これだけで私は好きですけどね)

軽い気持ちで読める本。人は死なない。けど2人は小さな悪を解いてゆきます。本屋の雑誌、カラオケ店の小火、市民プールの監視員、道端のキャッチ、ペットショップ。
それぞれの話にはそれぞれ有名なミステリーの名が出されます。それを読んだ事のある人は合わせて楽しめるのでは。



本の内容とは全く関係ないけど、ホント、動物を売るペットショップは無くなればいいと思う。
p222
「罪は人にあって、動物にはないはずだから」

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD