忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

マイノリティ

生物であれば性別は必ずある。
その性別により異性を愛し、交わり、子孫を残す。
それが生物。

「なら、私は何?」

―――――【アセクシャル】
性を愛する事ができない少女。





必ず異性を愛さなければ、意味がない。
生物は子孫を残す事に意味がある。

「なら、俺の愛に意味は?」

―――――【バイセクシャル】
性を越え人を愛する青年








ある2人の、ある物語

2011*02*26






拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD