忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

かっこいい文章ってどうかくの。

ある公報に載せられるような、ちょっとした文章を書かされる事になりました。
と言っても1200字くらいのエッセイみたいな感想文みたいな、そんなもんなんですが。

今まで自由に趣味で作文してたから、実際に正式な公の場に出されるような文章は書いた事がなかったので、ちょっと嬉しいと思う反面かなり緊張してます…。しかも私を知る人まで見るかもと思うと、余計にプレッシャーがかかる。実力がないくせにかっこつけたがる性格だからね…。
見本に先輩が書いたの見せてもらったけど超面白い文章の書き方していて、読んだ後に私なんかに任せて良いんですか先生と問い詰めたかった(しかし断る事もできず)。他にも数人書かされるんですが、私の文章だけ浮くんじゃないかとすごく不安です。
小話や物語を書いてる時(読んでいる時もそうだけど)、自分のボキャブラリーがいかに乏しいかという事を気づかされます。昔から新聞とか文学小説とかもっと読んでおくんだった…。
 
 
そして書きながら、「あ、この文章つまんねぇ」と思ってしまうのです。だってこのテーマについて話せることがないんだもの。無理やり絞り出しても、この話に対する感想はあまり宜しくないことばかり…あんまり印象残ってない。小中学生の頃の読書感想文とか、すごく不真面目に取り組んでいた奴だったので、ろくな文章書いてなかったです。今思うとあれほど面白い作文はないだろ、と思う。






拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD