忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

メモ的な小話

灯が美猫の真似をしてみたよ








拍手


【三士朗の場合】
灯「三士朗…オレ、時々お前を闇に葬りたい時がある」
三士朗「な、何だよ急に」
灯「今がその時かも知れないな…何かこの世に言い残したことはないか?」
三士朗「意味わかんねーよ!そんな事言ってると昨日の講義のノート貸してやらないぞ!」
灯「あっそれは困る…」
(怒られました)



【草八の場合】
灯「草八さん…オレ実は吸血鬼の末裔で、誰かの血を吸わないと生きていけないんだ…」
草八「!?…お前…どうした?」
灯「最近、やっと自覚がでてきたみたいで…もう我慢の限界のようです」
草八「灯、今すぐ病院に行こう。車出す。手遅れになる前に精神科に行けば間に合うから」
灯「えっ、あ、ちょ、待って、スイマセンでした」
(ガチで心配されました)


【澄の場合】
灯「澄さん、オレ、実は吸血鬼の末裔で」
澄「灯。それ、草八さんの前でやったらダメですよ?本気で心配されますから」
灯「…あっ、はい…経験済み…です」
(スルーされました)


【芳己、光雄の場合】
光雄「あ。灯さん」
灯「くっ…光雄…今のオレには近付かない方が、いい…」
光雄「えっ」
灯「右目が疼く…オレの中の封印が解けかけてるんだ…」
光雄「あ…灯…さん?」
芳己「光雄!その大人に触っちゃ駄目だ。変な目でみられるよ!!」
(ドン引きされました)

【基桐の場合】
灯「基桐、オレの頼みをきいてくれないか」
基桐「はて、如何されましたか?」
灯「オレ、実は…定期的に人間の肉を食わないとおかしくなっちまうんだ…だから、お前の肉を食わせて欲しい」
基桐「!?そ、そんな…!私の肉なんて食べても美味しくありませんよ!体脂肪もやっと10%以下になってきた所で…」
灯「筋肉質な方が栄養が高いらしい。だからこそ、お前に頼んでるんだ。…食わせてくれないか」
基桐「し、しかし…!」


美猫「…おいコラ、灯。お前ナニやってんだ、あ゛?」
灯「あ、美…猫…」
基桐「美猫様!実は、灯さんが…」
美猫「俺の真似だとか言って散々なことした挙げ句、人のもんにまで手を出すとは良い度胸だな?」
灯「あーと、これはーそのー」
美猫「基桐!こんな下らん戯言に騙されるな!罰としてトレーニングルーム一週間出入り禁止だ!」
基桐「なんという…!!申し訳ありません…!」
美猫「灯、お前は後でもっと面白い事してやるからな…覚悟しておけ」
灯「申し訳ありません…」


終わり。

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD