忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

鈴の音、深淵の闇に響く_〈1〉

***

その日、清鈴 灯(きよすず あかし)は人を待っていた。この日の相手は男の予定だった。
雨は降っているが、霧のように体にまとわり付いてくる細かいもので、こういう時は傘を差すべきか不要かを最も迷う。灯はこの日の雨が嫌いだった。
「“待ち合わせですか”」
声をかけられた。落ち着いた柔らかい男の声だ。振り向くと、黒い傘を差した者がこちらを向いて立って居る。灯は応えた。
「“はい、あなたは誰かお待ちですか”」
「“いいえ、桜の下で人を待たせて居ます”」
確認のやり取りは予め伝えてあった。それが終わると、灯は漸く男の顔を見た。顔を見た、というよりただ視界に入れる、という方に近かった。灯はこの待ち合わせで、相手の顔を覚えるようなことはしない。しないように意識していたのかもしれない。
だが、灯はこの日の相手の顔をはっきりと記憶することになる。口の位置、鼻の高さ、目の大きさ、眉の形もはっきりと思い出せる程に。
「“サキ”君?」
“サキ”とは灯のハンドルネームだ。灯は頷き、相手の名を呼ぶ。
「“ヒロ”さんですね」
恐らく相手も本名でないだろう、ハンドルネームに男は頷いた。
年齢は灯より少し上、20代半ばだろうか。細身で、女性が好みそうなキレイに整った顔立ち。黒い髪は肩まで伸びていたが、切りそろえられていて寧ろ清潔感があった。しかし、何よりも灯がこの男に対して違和感を持ったのは、こんな所で男を“買う”なんて行為が無縁のように感じられた。
今まで優男風の男は何人か相手をしてきたが、そういうタイプは時間を延ばすと自ら勝手に罪悪感を増した挙げ句、金を払うような行為の前に終わるパターンがある。ならば早く済ましてしまおう。灯はすぐに言った。
「じゃあさ、早速なんだけど、何処で“する”?」
「近くにアパートがあります。そこへ行きましょう」
自然に丁寧な言葉を使う男を見て、灯はますます今の行為が彼に不似合いだと感じた。








拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD