忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

こんなこと書くのもあれだけど

最近になって、それこそネガティブ期間脱出した辺りから考えるようになったことなんですが。
ちょっとまた絵に関するはなし。
落ち込む話じゃないですよむしろ励ますつもりだよ!(何)

『絵』て言うものは、画力も必要だけどセンスも必要なんだと考えるようになりました。
今まではひたすら画力画力言ってたんですが
今はとてもセンスのが欲しいです。
絵を描く時の感性。

松井優生とか東山魁夷とかマグリットとかすんごい憧れるけど、あんな空気を完璧に自分の世界として絶対描けないだろうな、と思う。
画力はもちろん欲しい。でも、センスがあれば絵の魅力ってかなり増えると思うんだ。

描く力は経験と練習あるのみ、じゃ、ない、です、か……?
(私が言うのもなんだけど)

センス=感覚は生まれ持ってのものだから、どんな頑張っても完璧にモノにはならないんだろうなぁ、なんて。

私は私の絵に、私しかない特有の"色"が欲しい。
絵だって音楽だって、作る人の特色ってあると思うんです。
絵柄を見て誰が描いたかわかる、ていうのもそうだし
イントロや声を聞くだけでどのアーティストが作った曲かわかる、というのも
それぞれ"色"があるからわかることなんだよね。
私の絵にはそれがない。それが見えない。
顔の書き方もどこかで見たようなパーツ、
色の塗りも誰かを真似したような付け方、
統一しない絵柄。
褒められる様な特徴がない。

『絵』が上手い人、多くの人に評価されている絵描きさんには、必ず何かしらのセンスがある。褒められる様な色がある。

絵について褒められた事がないのはそのせいなのかな、と言い訳のような思考をしてみる。
まず私はどんな絵が描きたいのかってとこから考えなきゃいけないのかな。

『憧れは無いものねだり。憧れてるうちは手に入らない』んですよね。






拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD