忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

―――



神と人のお話。





拍手

神は自分が神であるから
誰に許されて、誰に許されないかなんてどうでもよかった。
ただ神は神であることを隠して
ただ人が傍にいてほしかっただけだった。

ある日、彼は人に訊く。
「俺と居て楽しいか」
人は彼に答える。
「他の人間と居るよりも楽しくなった」

人は彼の手をとって
2人でたくさんの場所へ行った。
2人は同じものを見てるけど
同じふうに見えてるとは限らないけど
2人は楽しかった。

人は人間であるから夜には眠るけど
彼は人間に近いけど夜にまた眼を覚ます。

彼は眠る人を見る。
「今の俺は俺なのかな」
「今の俺は俺でいいのかな」
人は眠っているから答えない。


人の中には赤い液。
人の中に流れる血。

彼の中には黒い影。
彼の中に漂う悪魔。


朝が来れば彼に戻れる。
神は静かにまぶたを閉じた。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD