忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

――



はじまりはこの絵。

黒くて、人間が思い描く“悪魔”の姿をしているのが
ここで言う“神”。


白い方がヒト。









拍手

神は孤独だった。
なぜなら誰にも受け入れてもらえないから。
彼も受け入れることは無かった。
受け入れてもらえなくても
彼は神という生物に変わりは無かったから。

ある日神は目に見えた人がいた。
人は彼を受け入れた。
彼を神と知らなかったわけではなくて
(もしかしたら知らなかったのかもしれないけれど)
彼を彼として受け入れた。

人は次の日も神のそばにいた。
神は自分が神だと言わなかった。
周りの人間は神を神と知っていたわけではないが
人間ではないことが見えていたから傍にはいなかった。
だけど次の日も、また次の日も
神の傍には常にその人ひとりいた。


神はいつからか
その人が欲しくなった。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD