忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

Achissporam Another Story *

「これ、あげるね」
奏太から受け取ったのは小さな小石。
光に当たると淡い群青色が混じる黒い石だ。
咲は人差し指と中指、親指で零さないように丁寧に目元まで持ち上げた。
「これは?」
「鷹目石。別名ホークアイ」
鷹の目――確かに、光によって写される細い青はまるで目のように見えた。
「ちなみに、ぼくが持ってるのは蛍石っていうんだよ」
そう言って首に下げていた紐を服の襟から手繰り寄せて、その石を見せた。
紫色の小さな石。アメジストのように輝きはしていないがどこか光をおびているようだった。
「どうして、オレにこれを?」
暫くその石達に魅せられていた咲だったが、ふと気が付いた疑問を奏太へ問い掛けた。
すると、彼はすこし照れたような、はたまた答えるのに迷っているような表情で
おとうさんが、と口にした。
「まだおとうさんが生きてたとき、ぼくにくれたんだ。いつかぼくを守ってくれる大切な人が現れるから。
 だからそのとき、そのヒトにこの石をあげなさい、って」
「それが、オレだった……?」
ふわり、と柔らかく彼はうなずいた。








拍手

ネタバレ人物紹介。


森塚 奏太(モリヅカ ソウタ)
 →ソテ。謎の少年。

衿立 咲(エリタチ サキ)
 →サティ。主人公。

佐名木 公(サナギ コウ)
 →サン。奏太を追っている。マフィア?違う違う。




森塚 勲太(モリヅカ クンタ)
 →奏太の伯父。奏太は「おとうさん」と呼んでいる人物。

翔(ショウ)・眼夏(マナカ)
 →奏太を追っている。敵。
 

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD