忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】最近読んだ本。2

石田衣良「アキハバラ@DEEP」
→長編
アキハバラを舞台にした6人の男女の物語。
やはり舞台が秋葉原なだけに、電気機器の知識が多少無いと読みづらいと思います。
てか私が読みづらかった。(爆
でも登場人物の個性に助けられてなんとか読破しました。
物語調、言い伝え風に書かれています。現実の物語のようで、実は結構ファンタジー。
注目は前半と後半のボックスの変わり様です。(笑
6月にドラマ化(深夜)するそうですが…
イズムの役者が女のヒトっていうのがちょと気に掛かる。
もしイズムが女になったら「父達と母達」になってしまうのでは…。


宮部みゆき「ICO」
→長編・ゲームノベライズ小説
あの激素敵ゲーム・ICOのノベライズ。
と言っても、ゲームのICOとは近いようでとても違いました。
私的に…納得いかない点がちらほらちらほら…。
イコよりもヨルダが主役だと思いました。
ゲームと同じ感動を求めて読むと裏切られるので要注意。
これは宮部さんがイコとなった、宮部さんのイコの世界。
自分の中のICOの世界との相違を楽しめるかもしれません。








拍手

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」
→長編・ミステリー。
伊坂幸太郎のデビュー作。謎。
舞台は日本なのに異世界。カカシが喋るわ鎖国してるわでなんだここ?みたいな。
ミステリーだからもちろん殺人事件はおきます。
でも殺人事件の犯人や島の中の犯罪者よりも城山が一番恐かった…!!!!
犯人を見つける、という過程だけでなく、登場人物の個性や島の風景とかも面白かった。
犬と案山子と郵便屋と鳩とウサギと熊と法律と侍と嘘吐き。
ほら、これだけでも訳わかんない。(笑
現実味が無い現実世界の物語。


この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD