忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

F S 8 * 異国の本

コルトは不思議と一冊の本を手にとっていた。
表紙の色はくすんだ黒に、すこし土色が混ざっている。
というか、自然に土色に染まってしまったのだろう。
年期の入ったものだとわかった。
「気になるかい」
ふと顔をあげた。そこに声の主はいた。
本が出ているのだから、店主がいないわけはないのだが
場所が影だっだからだろう。ヒトの気配を全く感じなかったのだ。
店主は―もとからそういう顔をしているのだろうか―常に口の両端が上がっていた。
よく見ると着ている服装の色は奇抜で、原色の青を基調としてよく目立つ。
少なくともこの国の者ではないとわかった。
「その本が気になるかい」
男にしては少し高い声で、店主はもう一度コルトの持つ本を指差して言った。
「ええ、気になる本ですね」
コルトは決して世辞を加えて言った訳ではなかった。
気になるのはこの本だけではない。そこに並べられている本の全てが異彩を放っていた。
表紙を開こうとすると、店主が言った。
「読めるかい」
そういえば、と手を止めて書かれている文字を見た。
コルトには見たことも無い、曲がったり交差したりする線が書かれていた。
「残念」
声を出したのは店主の方だった。コルトの表情を見て言ったのだろう。
笑うような目元がさらに上がった気がした。
蛇みたいだ、とコルトは思った。
「コルトー!」
大通りから向かってくるシィナの声に振り向いた。
日向から日陰へ入ったせいか、瞬きを多くしている。
「本買うのか?」と彼はコルトの手に持っている本を見たが
すぐに屈んで、並べられている別の本を手に持った。
その本は、やはり言葉として認識できない線で書かれている本だった。
「見てみろよコルト!海が描いてある!」
はしゃいでいる彼の後ろからその本の表紙をみると、
確かにその本の表紙には絵が描かれていた。
青色をした平地の絵。
コルトは海を見たことが無かったので、その絵が海だと認識するまで時間がかかった。
シィナと出会って、初めてその存在を知った程だったが
なんだか自分の想像していたものと少し違っていた。
「でもシィナ、海は水でできているんだよね」
「そうだよ。だから水色なんじゃないか」
「だったら、水の上にヒトは立てないはずじゃない?」
シィナから聞いた“海”は、大きな水溜りだという。
しかし、シィナが“海”だという絵には、ぽつんと小さくヒトが立っていたのだ。
「それは海じゃないよ」
店主が言った。
「それは青色の砂漠だ」
「青色の砂漠?」
「そう」
砂漠は砂の集りだ。それならヒトが立てる。納得がいった。
「でも青い砂漠なんて、オレ見たことない」
とシィナは言う。
「見ていない世界なんて沢山あるさ」
店主は平然と答えた。まるで別の世界があるかのように――・・・





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD