忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

苦さとそれから成り立つ数式

「ありがと、そこおいといて」
ふわりと香る甘い匂いが、作られた活字に夢中な私を誘う。
「ついでに砂糖と牛乳出してくれると嬉しい」
「お前なぁ、たまにはそのままで飲んでみれば?」
「私からしてみればそのままだとこれは飲み物じゃないの」
そういいながら私は本を閉じ、彼から砂糖を受け取る。
父が海外の出張から帰ってきたときの土産のひとつ・飛行機内の砂糖。
その量の砂糖が、あとから入れる牛乳と合わさって丁度良いのだ。
「珈琲ってのは苦さの中に甘さを探す飲み物なんだよ」
「なにそれ」
矛盾した名言に私は笑った。
「苦いって思うのは、記憶の中に甘さがあるからなんだよ。甘いって思ってなかったら
 苦いとも思わないだろ。だから甘いという味覚をフルに活動させて、甘さを探す。
 それを楽しむから、美味い。そういう飲み物」
目の前に出された甘さと苦さの数式。
数学の苦手な私はXを上手くYにイコールでつなげられない。
「……よくわかんないんすけど」
「いいよ、わかんなくても」
置いてきぼりにされた気分。
窓ガラスの遠くから、金属バットがボールを思い切りはじく音がする。
「今のことが今わかったら、お前は随分いい人生送るぜ」
新しい数式に、私はまた首を捻る。

少なくとも、読み途中の推理小説の犯人がわかるまでは
あの数式も、この珈琲の苦さも、私に理解はできないだろう。





拍手



言い訳。(削除理由
*思いつくままに書いた文章。
ぼろぼろで詩とも言えない。
この文章の意味が分かった人はすごいと思います。
書いた本人もきっといい人生かどうかなんてわかってないと思うので。

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD