忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】信じる者が救われるということは科学的に解明できる。

春山茂雄『脳内革命』

2013/4/28~2013/05/25

東洋・西洋医学を学んだお医者さんの本。
病気にならず健康で若々しく長生きするには、『脳内モルヒネ』というものを生成させる必要があり、その為に私たちがすぐにでもできるのが『プラス思考でいる』ということ。

つまりは気持ちいいと感じることをすればいいという話?

成人病系統の病気はほとんどストレスから成る。
それはストレスが脳内でノルアドレナリンを生成してしまっているから。
活性酸素は毒だけど、活性酸素は体に侵入した菌をやっつける武器でもあり、人間の免疫システムのひとつ。
体の中では活性酸素の解毒剤も同時に作られているはずなので、活性酸素は毒でも大丈夫。

今起こっていることの事実より、それをどうとらえるかが重要。

単純にいえば、悪い事に罪悪感をもつな、ということか。
酒は悪い、タバコは悪い、と思いながら酒やタバコをするなということ。


ファッキング(性欲) フーディング(食欲) フロッキング(群れる) ファイティング(攻撃・服従) フリーティング(逃走) 人間の基本的な欲望。本能行動。ファイブF。これがないと生きていけないらしい。
というかむしろこれがないとこの世で生きづらいことになるんじゃないの。実際生きづらい。


人間の欲求は5つに大別される。①整理的欲求②安全の欲求③所属と愛の欲求④承認の欲求⑤自己実現の欲求
多くの人が③④までで止まってしまう。本書では⑤「自己実現の欲求までチャレンジしなさい」という。


良い事を考えれば良いホルモンがでて、やる気とか気力とか出て、良い事が実現しやすくなる。悪い事を考えれば悪いホルモンが出て悪い事が起こる。

ノルアドレナリンやアドレナリンはドーパミンの親戚で、人間のやる気や活力の源。でも蛇毒に匹敵するほどの猛毒。

脳内モルヒネの構成材料はたんぱく質。たんぱく質は20種類のアミノ酸からできている。中にあるチロシンというアミノ酸がないと脳内モルヒネは作られない。

私たちが食べることでもセックスでも、犬猫や爬虫類とは違った意味付けや価値が持てるのは大脳新皮質のおかげ。
各章のまとめが各章末に書かれているので見直しやすいです。


好きなことを想像してα派を出すと病気が治りやすくなる。
思っただけで楽しくなるものを常に頭に思い浮かべるのが瞑想と思って間違いない。


人間は25歳で発育が完了し、あとは老化へと向かう…って私やばくね?
一日最低五千歩歩くこと。

好きなことをじっくり聞いてもらえるだけで、記憶力が回復した患者さんもいる。
それは脳内モルヒネが出ると記憶力がよくなるから。

酸素が生物にとって毒だったという話には驚いた。

被造物たる人間に創造主の意図はわからない。

最終的には宗教っぽい感じがしたけど、悪い気はしなかった。
終盤には社会問題のいじめについても触れていて、8年前の出版物でもあまり社会問題は変わってないんだなぁと思いました。





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD