忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】ねこねこねこねこねこねこねこ

佐野洋子『猫ばっか』


p16「大体茶トラは馬鹿で鈍く、色気に欠ける。」
p16「猫の色気というものは、天から授かった不思議なもので、平凡な猫にさえ、人間の女は及ばない。」
p18「人間を愛することに絶望した人間が、もの云わぬ小さな猫に、自分の全ての愛を狂気のごとく注ぐ。人は何かを愛さずには生きてゆけないのだ。何と猫はそれに丁度よい生き物であろうか。」

『100万回生きたねこ』を描いた著者の、猫の本。
猫の在る生活を書いた詩集?エッセイ?…絵本?
しかし白猫は自分の美しさを知っている。白猫を飼っていた経験上、それはとてもよくわかる。
猫に関係する話。猫。


20010215講談社(文庫)







拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD