忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

羨ましさと嫉妬の話。

そういえば最近、漫画を自分で買ってないことに気が付きました。
瀬田ヒナコさんの「レーカン!」もブロッコリー子さんの魔笛も結局まだ買ってないです。

因みに最近読んだ漫画は家にあった「風の谷のナウシカ(全7巻)」です。
なんで今まで読まなかったんだと後悔しました。
その前はテルマエロマエを借りて読みました。今は進撃の巨人がもごっそい読みたいです。確か家族が買ってたので今度読む。

……私はもっと、みんながはまってるようなピクシブ人気の高い青エクとかうたプリとかを見た方が楽しめそうな気がするんだけどね…←












ピクシブ高校生イラコンとか自分とほぼ同じ年齢のアニメーション監督さんとか見かけると
ああ自分て今までなにやってきたんだろうなとか思っちゃうわけで
そう考えるとあれ自分まだあきらめ切れてないの馬鹿なの?とか思ってしまうわけで

でも自分より年下もしくは同じ年で私が羨むことをしている人は
私の想像にもつかないほどの努力と辛い思いをしているんだろうなと思うわけで。
だからって馬鹿にされて嗤われて親不孝してまでそれを続けられるほど自分が努力できる自信はなかったわけで。
ていうか私の頭が悪いのが全ていけないと考えると全部中学からやり直したくなるからどうしようもない。人間って中学の時になにがやりたいかはっきり周囲に決意をしてないと駄目だったのかなやっぱり。

でも先日将来の仕事について某占い師を訊ねたら何も言わないうちに生年月日と手をみられて「貴方は生まれながらに芸術の才能がないからその手の縁は無いわね」と言われたことを未だに泣きそうになるくらい根に持っています。
歌を歌うとか、歌から絵を想像して描くとか、絵本を描くとか、苦手でしょ?とどや顔で言われてなにも言えなかった。
生まれながらなら仕方ないよね。


と、散々長々言い訳してやっぱりぐるぐるしてしまうのです。
親不孝しないでやりたいことができるってどうやって見つけるんですかね。


いろんなことに迷ってる時期にまぶしいもの見ちゃいけないなと思いました。





拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD