忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

12.頼むから水をくれ

「嗚呼、旅人」


頼む、どうか。


――【A thirster】――


焼きつけるような太陽の光には汗さえも影を映す。地平線は熱に歪み、足下から続いてゆく砂から無限を感じる。嗄れた喉に棘のような乾いた空気を吸いながら、歩みを続けた。
此処へ来たのは何時からだったか。もはや暑さに記憶は曖昧だった。

目の前に立つ旅人に出会ったのは少し前、彼はこの広大な砂漠にひどく似付かわしくない存在であった。
薄い青色の絹でポンチョのように身を包み、それが余計に異邦的な空気を醸し出している。金色の首飾りの中心部には蒼く澄んだ水晶が光る。頭より一回り以上も大きく丸い紅色の帽子、その上部には細かな宝石が飾られており、彼が緩やかに動く度、シャラン、と装飾が涼やかに音を響かせて揺れた。
「ああ、ここは砂漠か」
遙か彼方に目を向けて、その旅人はふと呟いた。
彼の周りには風が吹いているようだった。近くに居るのに、遥か遠く異なる世界が在るような、奇妙な錯覚がした。
「ああ、砂漠だ」
この返事も、彼に聞こえているのかわからない。
「すまないが、ひどく喉が痛むんだ」
声を出す為に通る空気に喉を焼かれるような痛みが走る。
「水を分けてはくれないか」
なんとか声を絞り出し、旅人に水を乞う。
「水ならそこにあるだろう」
私を見て彼は言う。私の腰に下げている麻袋を指しているのだろうか。
「この袋には、もう入っていないんだ」
逆さにし、見せるように振ってみた。
そんなんじゃない、と、こちらへ唄うようにゆっくりと彼は歩み寄ってきた。
「君は水に溺れてる」

暗い暗い水の底。
見える景色は何色だい?

旅人は言う。風が吹く。シャラン、という音がした。
我に帰り、目が眩む程の太陽光に苛立ちを感じ始めた。
「あんた、何を言っているんだ」
俺はからかわれているのか。顔は陰に隠れ表情はわからない。
「頼むから水をくれ」
痺れをきらし、思わず怒鳴るように声を出して、旅人の服を掴んだ。顔を見上げた刹那、彼の異形に目を奪われる。
旅人の瞳は左右それぞれ、異なる色を帯びていた。
深紅の右目、紺碧の左目。
その目付きは、蛇。
「気になる事でも在ったかい」
彼は三日月の様に目を細めた。
ぞくり、と背中に冷気を感じた。
先程までの焼け付く太陽は何処へ行ったのだ。空は暗く、凍えるような冷気が身体を覆う。風は吹いていない。震える身体を両手で支えようと抑えるが耐えられず膝をついてしまう。
「君はどうして此処に居る?」
突然の息苦しさに襲われる。酸素を欲して呼吸をするが、上手く取り入れる事が出来ない。次第に意識が遠のいて行く。横に倒れた。――ああ、沈む。
ひどく冷たい水の中に私の身体は勢いよく落ちてゆく。力を入れて手を伸ばしたが掴めるものも無く、ごぼり、と気泡を吐いた。暗く寒く、次第に身体の自由がきかなくなる。
ついに足掻くことを止めた時、シャラン、と金属の音を最後に、記憶は途絶えた。



「大丈夫ですか」
目が覚めた時には、喉の渇きも息苦しさも感じなかった。
微かに痛む身体を起こし、砂を払う。
「こんな所で倒れてるなんて、死んでるのかと思いました」
声の主の青年は鮮やかな深緑のマントを羽織り、背後にはロープで縛られた大きな荷物が引きずられていた。彼もまた、この砂漠を行く旅人なのだろう。
私は砂漠に戻っていた。先程までの出来事は何処から幻だったか。溺れた感覚はあるが、衣服に濡れた跡はない。
そういえば、あの男の姿が無い。
「あの男は何処へ行った?」
「男…?」
青年が来た時、ここに倒れていたのは私一人のようだった。暑さで気が変になっていたのか、蜃気楼と間違えたか。どちらにしろ呆れはて苦笑する。
「何か妙な事でも?」 
青年は不思議そうな顔をしたが、今起こった事を話しても暑さで気が狂ったと思われるだけだろう。 
「いや、なんでもないんだ。すまない」
そうですか、と青年は言い、手を差し伸べて体を起こす助けをしてくれた。
私は立ちあがり、改めて礼を言い、同じ目線の高さにあった彼の顔を見る。。
「水に溺れて沈む事、砂漠に取り残される事」
青年が囁いた。
「これらはとても似ています」
風が、私達の服を靡かせて通り過ぎた。
「でも、あなたは大丈夫ですね」
青年は微笑み、私の腰の麻袋を指差して言った。
「それを持ってるのですから」
私が麻袋を持つと僅かな重みがある。中のモノを取り出して、私は少なからず驚いた。
それは大切な人から預かっている小さな首飾り。
シャランと清らかな奏でを聴き、それを丁寧に手の平へ置いた。
ああ、そうか。
私は忘れかけていた。
帰るべき場所がある。
町へのご案内は不要ですね、と青年に問われたので、ああ、と私は頷いた。進むべき方角を思い出した。
「それは良かった」
では、お気をつけて。
そう言って青年は歩いて行く。私は彼に背を向けて、歩き始めた。太陽が沈む。静かに冷気が漂い始める。またしても夜が来るのだ。
はたと青年の囁きを思い出す。なぜ彼は私が見た幻を知っていたのか。笑う青年の顔をーー瞳の色を思い出した時、弾かれるように私は振り返った。
深緑のマントは見当たらない。静かに風は砂を舞い上げて過ぎて行った。





拍手



BGM/MUSIC CUBE:滅びの街




旅人よ

君は誰と旅をする

友の面影を忘れた時

旅の導は失われる

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD