忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PR

【感想文】閉じ込めた後の神様は声がかれるまで謳うだろう。

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」読みました。
相変わらず、騙されました。
読み終わったの一週間くらい前だからちょっとうろ覚え。(ぉ
でも書きます。軽い感想。








拍手

―「神様を閉じ込めておけば、ばれないって」―


初っ端から伊坂ワールド全開な物語でした。
悪魔のような顔立ちの良い青年と
本屋で広辞苑を盗む計画に
無理矢理参加させられることになった
アパートに引っ越してきたばかりの青年・椎名の視点から話は始まります。
19歳となんだか比較的低めな年齢だったことに新鮮さを感じましたw
(だって今まで20代越えてる人間ばっかでてきてたから…!)
同じ年だからちょっと親しみやす………
でも法学部だから頭良いんだろうなぁ…(何

恐らく犬派だと思われる伊坂さんの小説に、猫がでてきたのは嬉しかった!
沢山殺されたけどね!!!(爆)

今回の読み終えた時の気分は
「殺人事件の犯人は、実は探偵だった」な気分。
読み勧めていけば分かると思うけど、
この話では椎名が主人公ではないのですよ。
でも始まりは椎名なわけで…。ああもうめんどくさいから読んでください。(ぇー
想像することしかできないくやしさと楽しさ。

ただ、ね
メインのお話が「動物虐待」だから、すんごく痛々しいよ。





オマケ。
今回も、勝手に配役を決めていました。
でも川崎とドルジがあーでこーだからどうしよう!(何
とりあえず
麗子=鈴木京香
川崎(現代)=速見もこみち
山田(椎名の友達)=小池哲平
あたりのイメージでした。

うん、女優あんま知らないから。(爆

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

はじめまして。

はじめて来られた方はカテゴリの「説明+α」をお読みください。

検索から来られた方へ

読みたい話の語を↓でブログ内を検索すると良いかもしれない。
よく語られる話
【九番隊】【らぶコミュ】
ブックレビューは【感想文】または
ブクログ読書メーターにどうぞ

AD